名古屋市中川区の内科、外科、消化器内科 しょうわ橋内科外科クリニック

アクセス・駐車場について
  • 禁煙外来

    【禁煙外来について】

    禁煙補助薬 バレニクリン(国内商品名:チャンピックス)の出荷が国内の医療機関への供給は本年 6 月以降停止されています (バレニクリンの一部のロットに、変異原性が懸念される不純物の混入が判明したため)。もうひとつの禁煙補助剤、医療用ニコチンパッチ(商品名:ニコチネル TTS)も品薄となっています。つきましては、一時禁煙外来を休止しております。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

     

     

     

     

    禁煙をしたいと思っているがなかなか禁煙することができない方、

    長年の喫煙によって健康への影響が出てきたという方に禁煙外来を行っております。

    一定の条件をみたせば、健康保険で禁煙治療ができるようになりました。

     

     

     

     

    ニコチン依存症チェック

    はい (1点) いいえ(0点)
    Q1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
    Q2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
    Q3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
    Q4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。

    • ・イライラ
    • ・眠気
    • ・神経質
    • ・胃のむかつき
    • ・落ち着かない
    • ・脈が遅い
    • ・集中しにくい
    • ・手のふるえ
    • ・ゆううつ
    • ・食欲または体重増加
    • ・頭痛
    Q5 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
    Q6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
    Q7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
    Q8 タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。
    Q9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
    Q10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

     

     

    (※)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

     

     

     

    ニコチン依存症チェックで合計点が5点以上となり、ニコチン依存症と判定された場合、以下の要件を満たしていれば禁煙治療に健康保険等を適用することができます。

     

     

    1.

    前回の治療の初回診療日から1年経過していること。過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。

     

    2.

    健康保険等が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしており、また医師がニコチン依存症の管理が必要であると認めたものであること。

     

    ☆ ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上

    ☆ 35歳以上の方は、ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)200以上

    ☆ 直ちに禁煙を始めたいと思っている

    ☆ 禁煙治療を受けることに文書で同意している(→問診票などに、日付や自分の氏名を書きます。)

    詳しくは → http://www.sugu-kinen.jp